2017年の最新版
カードローンを低金利で決めようとしてませんか?

1番の低金利カードローンは無利息ローン!

そもそも金利とはお金の貸し借りにかかるレンタル料で、低い方が当然お得です。一般的に低金利で借りれる銀行のカードローンについては、審査に通るのが難しく、はじめての申し込みの場合は金利が高くなる傾向にあると言われています。

はじめての方は審査が通りやすい傾向にある消費者金融を選ぶべきです。例えばプロミスは三井住友ファイナンシャルグループの会社なので安心して利用できます。

さらにプロミスの場合は30日間無利息で借りられるキャンペーンを行っているので、条件さえ満たせば金利ゼロで借りることができるのでオススメです。

プロミス

ここに注目!
初めての方は30日間無利息で借入可能!
プロミスの特徴まとめ
  • ・はじめての方は30日間無利息で借入可能
  • ・三井住友フィナンシャルグループ
  • ・最短1時間で融資可能
審査時間 融資までの目安 実質年率 限度額
30分 最短1時間 4.5%~17.8% 500万円
公式サイトで詳細を見る

*1 30日間無利息サービスのご利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

たった3項目入力するだけの3秒診断が人気!女性はプロミスレディースがオススメ
カードローンとは

カードローンとは個人向けの無担保融資

不動産担保のように担保を付けないでお金を貸し出す無担保ローンは個人信用を重視したローンです。融資スピードや申し込み手順が分かりやすいことから人気の借入サービスです。

なお貸し出し額に関しては、現在では消費者金融には総量規制という法律があり、債務者への過剰貸し付け額が制限されています。債務者の年収の三分の一を超える金額の借入ができない仕組みとなっています

実際にカードローンを利用した人のまとめ

カードローンでなんとかお金を用意出来た

カードローンでなんとかお金を用意出来た

結婚式のご祝儀がなくて、個人ローンを利用したことがありました。 結婚式があるということはわかっていて、そのためにご祝儀も別に用意をしていたのですが、通販を代引きで購入をしたものがあり、手持ちがなかったので、そこから払ったのを忘れてそのままになっていました。

そして、直前になってお金がないことを思い出し更に給料日前で余裕もなかったことから、どうしようか悩んでしまったのです。今更欠席をするというわけにも行きませんから、なんとかお金を工面しないとと思ってカードローンを利用することにしました。

利用したことがなかったので、本当に借りることができるかどうか心配でした。しかし、すぐに5万円ほど借りることができ、ピンチを凌ぐことができました。カードローンは賢い使い方ができればとても便利なサービスなのだなと思いました。

急な旅行に

急な旅行に

急な旅行に行くことになり、交通費や宿泊費用などのまとまったお金が必要になりました。そこで初めてカードローンに申し込むことにしたのです。利用したのは女性向けのレディースローンでした。

24時間いつでも申し込めたので、忙しい自分でも安心でした。インターネットで審査に通るのか少し不安もありましたが、翌日には結果が出て無事にカードを発行してもらうことになりホッとしました。

希望通りの借入額となりましたので、結果的に本当に満足しています。カードローンのおかげで快適な旅行を満喫することができて感謝しています

職場への確認電話の際も、社名を名乗らずに個人名でかけてくれましたので周りにバレることなくホッとしました。担当してくれたアドバイザーのきめ細やかな心配りも魅力的でした。

一時的に使わせてもらいました

一時的に使わせてもらいました

社会人になり仕事をしていましたが、都合上仕事を辞めることになり、田舎の実家に戻ることになりました。しかし仕事がすぐに見つからず、一時的にお金のやりくりが難しくなったため、カードローンを利用していくらかお金を借りたことがあります。

カードローン利用後、すぐに仕事が見つかり収入も安定したため、しっかりと返済なども滞りなく済ますことができたのでよかったです。また、特に問題なく手続きを進めることができたのもよかったです。

一時的ではありましたが、金銭的に窮地に立たされたときに助かりました。働いていた時にはカードローンを利用することなどあるとは思っていなかったのですが、一時的にとはいえ、仕事が無い状態の時に借りられたのはとても助かりました。

人気ランキングはこちら

プロミス

ここに注目!
初めての方は30日間無利息で借入可能!
プロミスのまとめ
  • ・はじめての方は30日間無利息で借入可能
  • ・三井住友フィナンシャルグループ
  • ・最短1時間で融資可能
審査時間 融資までの目安 実質年率 限度額
30分 最短1時間 4.5%~17.8% 500万円
公式サイトで詳細を見る

*1 30日間無利息サービスのご利用にはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

アイフル

ここに注目!
30日間利息0円
アイフルのまとめ
  • ・お申込みから最短30分で審査完了
  • ・初めてなら30日間無利息で借り入れ
  • ・誰にも知れずにカードを受け取れる
審査時間 融資までの目安 実質年率 限度額
30分 最短1時間 4.5%~18.0% 500万円
公式サイトで詳細を見る

モビット

ここに注目!
職場への連絡無し!
モビットのまとめ
  • ・誰にもバレずに借入可能
  • ・WEB完結/電話連絡、郵便物なし
  • ・借入まで一切誰とも顔合わせなし
審査時間 融資までの目安 実質年率 限度額
10秒簡易審査 最短即日※ 4.5%~18.0% 500万円

※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

公式サイトで詳細を見る

銀行カードローンと消費者金融の違い

一番の大きな違いは、総量規制があるかないかです貸金業法による総量規制とは、年収の3分の1を超える借り入れはできないというルールで、これは消費者金融にだけ適用されます。そのため、総量規制で消費者金融から大金を借りられなかった人が、銀行系カードローンで借りるということもあります。

次に金利の違いが挙げられます。基本的に消費者金融よりも銀行カードローンの方が金利が低く設定されています。しかし無利息期間などのサービスがあるのはノンバンクである消費者金融です。

そのため、継続して借りるのかor一時的に借りるのかによって、どちらが得か変わってくることになるでしょう。

また審査では、個人事業主や自営業、フリーランスで働いている人も、仕事さえしていれば基本的に問題ないです。しかし、銀行カードローンは安定した収入があっても、審査に通るとは限りません。

銀行カードローンは消費者金融に比べると金利上限が低いので選択しがちですが、借りるための審査基準は消費者金融と違い非常に厳しいので、限られた人しか利用できませんので注意しましょう。

低金利カードローンの審査

金利が低いローンを組むと審査に時間がかかります。住宅ローンのように金利が低く、多額な借入の場合は2週間~1ヶ月半かかってしまう場合もあります。金利が低いということは審査や借入条件が厳しいと覚えておきましょう。

審査に落ちた人の理由が知りたい

クレカ払いの延滞をしたことがある、他社に借入がある、会社の在籍期間が3ヶ月しかない、そのローン会社が条件としている年収に届いていなかった、などが挙げられます。

一番の低金利の銀行で借りない方がいいの?

もちろん審査に自信がある方はそこで借りた方が良いですが、10%以下の金利はさらに審査が厳しくなります。

審査に日数がかかってもよい人は15%以下の銀行が良いですし、すぐ借りたいという方は大手の消費者金融をおすすめします。

借り換えの場合のカードローン

借り換え用のプランは金利の高い会社から金利の低い会社に変更するというプランです。または、おまとめローンと呼ばれ、複数の会社のローンを一本化して返済していくというプランになります。

借り換えはローン利息の減額分などのシミュレーションをすることが比較的簡単であるというメリットがあります。

それに対して、おまとめ用は複数の会社からの借入を一本化することができるため、ある程度まとまった金額になります。一本化することによって返済日などの管理がしやすくなるというメリットがあります

支払いの手続きや振込手数料などを軽減させることができますが、利息がそれほど減らないなどのデメリットもあり、最悪まとめるよりも支払額が増えてしまうこともあるため注意が必要です。

在籍確認の電話とは

カードローンを申し込むと在籍確認が行われます。これは申し込み時に伝えた会社に本当に在籍しているのかの確認になります。一般的に電話での確認がほとんどです。

自分の職場にカードローン会社から電話がかかってくるのは少し抵抗があるという人も少なくないでしょう。同僚などにカードローンの利用がバレないか心配になるのも当然の心理です。ですが実際には在籍確認の電話がかかってきたとしてもバレるというようなことはほとんどありません。

金融業界において在籍確認の電話をかけているカードローン会社の担当者はけっして金融会社の名前を出すことはありません。必ず個人名でかけてきます。またその時に聞かれる内容に関しても、申込書に書かれた内容の確認になりますので、とりたてて難しい質問をしてくるわけではありません。

主に名前や住所といったことが多いです。ですのでカードローンは利用したいが在籍確認の電話がいやで二の足を踏んでいる人も、あまり心配する必要はありません。ですがどうしても在籍確認の電話を避けたいのであれば、確認を書類の提出で代替できる金融機関のカードローンを申し込むのもひとつの方法です

その場合、金融機関で指定された書類、たとえば源泉徴収票や給与明細といったものを指定通り提出することで、電話での在籍確認を避けることも可能です。何が必要なのかはカードローン会社によってさまざまですので必ず事前に確認することが重要です。

カードローン金利を少しでも減らす方法

利息は返済するための期間が長引けば長引くほど利息が増えるようになっています。利子を多く払うのはできれば避けたいことだと思いますので、ローン試算をして一括返済での完済を視野に入れる、返済相談をするなどして、利子を払う機会を少なく考えたいものです。

金利に関しては消費者金融や銀行など利用するカードローンによって違いはありますが、おおよそ15~18%ほどの数字で、最低返済額と合わせて計算するのが一般的です。

例えば金利18%の会社から10万円を借り、1年間で返済を済ませようとした場合は毎月およそ9,000円以上の支払いが必要となります。つまり返済額は総額で110,004円となっていて、10,004円が利息ということになります。これを半年に繰り上げた場合ですが、毎月の返済額は17,552円となり、総額は105,312円で利息は5,312円となり、大幅に負担が減ります。

当然ながら返済期間が少なければ出費も減りますが、短期で返済するのはなかなか難しいものです。ただ、はじめからある程度、計画的に毎月の返済額をシミュレーションして、できる限り短期で返済していけば負担も減ります

カードローンの返済方法

ATM返済

借りているローン会社の自社ATMや、コンビニATMで返済する方法で多くの人が利用しています。後者のATMで返済する場合は手数料がかかるので、節約するためには自社ATMの方がおすすめです。

●ネットバンキング

大手のローン会社ならどこでもある返済方法です。インターネットから専用ページにログインし数クリックや金額の入力で振り込みが行えます。初めは怖いかもしれませんが、セキュリティも高くATMに行く手間がないので自宅で完結するので便利なサービスです。

振り込み返済

給料が振り込まれている口座から指定の口座に振り込む方法です。振込手数料がかかるので、おすすめは出来ません。

店頭窓口返済

店舗窓口で払う方法ですね。手間がかかったり周囲にバレやすいので使ってる方もあまりいません。ただ手数料はかかりませんが窓口の数がかなり少ないので、これもあまりおすすめは出来ません。

口座引き落とし

手数料はもちろんかかりません。限度額いっぱいで借りてると数日借りれない状態が続く場合があります。上記の返済方法と違って銀行または代行会社を挟むので貸金業者にデータが届くまでタイムラグがあります。そのため借りれない期間が発生します。

最短1時間融資

プロミス

プロミス
はじめての方なら最大30日間金利0円
スマホで手続き完了

アイフル

アイフル
最短3秒で借入診断ができる