2017年の最新版
カードローンを低金利で決めようとしてませんか?

低金利カードローンという理由だけで決めてはいけない!

そもそも金利とはお金の貸し借りにかかるレンタル料で、低い方が当然お得です。一般的に低金利で借りれる銀行のカードローンなどは、審査に通るのが難しく借りれないことが多く、はじめての申し込みの場合は金利が高くなる傾向にあると言われています。

「同時にいくつか申し込んでみればいいんじゃないの?」と思う方がいますが、むやみたらに申し込みをしてしまうと、各ローン会社が共有してる情報に記録が残り、新規ローンが組みにくくなりますので絶対やめましょう!

はじめての方は審査が通りやすい傾向にある消費者金融を選ぶべきです。例えばプロミスは三井住友ファイナンシャルグループの会社なので安心して利用できます。

さらにプロミスの場合は30日間無利息で借りれるキャンペーンを行っているので、条件さえ満たせば金利ゼロで借りることができるのでオススメです。

カードローンとは

カードローンとは個人向けの無担保融資

不動産担保のように担保を付けないでお金を貸し出す無担保ローンは個人信用を重視したローンです。信用を重視した貸し出しとなるので、その診断に関しては誰でも通りやすい自動車ローン(マイカーローン)や一部の学生ローン(学費ローン、学資ローン)のような種類と違い、審査で通らないこともあります。どちらかというと、審査がきちんと行われると言われている住宅ローンやセカンドハウスローン、それから共同住宅ローン、国の教育ローンなどの審査と似た様相を示します。

しかしながら、基本的に定職についていて、一般的な収入を得ている人であればほとんど問題なく審査は通るでしょう。ローンには大きく分けて2種類のタイプがあります。いわゆる目的ローンとフリーローンと呼ばれるものですが、カードローンはフリーローンの一つであり、使用目的が限定されていません。

用途が限定されていない分、金利は目的ローンより高めに設定されていることが多いです。またカードローンは限度額内で何度でも借りたり返したりができるのも特徴です。返済方法も様々なものがありますが、基本は利用残高に応じて毎月あらかじめ決められた返済額に基づいて、返済を続けていく残高スライド定額リボルビング方式が主流となっています。ちなみに、クレジットカード決済、クレジットキャッシングは翌月一括払いが多くを占めています。さらに言うと、キャッシングとはお金を借りることができるカードの機能のことで、その支払いをすることをカードキャッシングと言います。

毎月返済を続けていれば、利用限度額内の中で何度でも借りたり返したりができます。なお貸し出し額に関しては、現在ではサラ金、もとい消費者金融には総量規制という規制があり、債務者への過剰貸し付け額が制限されています。債務者の年収の三分の一を超える金額の借入ができない仕組みとなっていますが、車のローンや住宅ローンのように規制の対象外となるものもあります。ちなみに、利用限度額は金融会社によって異なり、100万、200万、300万と金融会社によって差がついていることもしばしばです。また、その借入額が増えるに従って収入証明書の提出が必要になってくる場合もあります。

実際にカードローンを利用した人のまとめ

カードローンでなんとかお金を用意出来た

カードローンでなんとかお金を用意出来た

結婚式のご祝儀がなくて、カードローンを利用したことがありました。 結婚式があるということはわかっていて、そのためにご祝儀も別に用意をしていたのですが代引きで購入をしたものがあり手持ちがなかったので、そこから払ったのを忘れてそのままになっていました。

そして、直前になってお金がないことを思い出し更に給料日前で余裕もなかったことから、どうしようか悩んでしまったのです。今更欠席をするというわけにも行きませんから、なんとかお金を工面しないとと思ってカードローンを利用することにしました。

利用したことがなかったので、本当に借りることができるかどうか不安がありましたがすぐに五万円ほど借りることができ、ピンチを凌ぐことができました。カードローンは賢い使い方ができればとても便利なサービスなのだなと思いました。

急な旅行に

急な旅行に

急な旅行に行くことになり、交通費や宿泊費用などのまとまったお金が必要になりました。そこで初めてカードローンに申し込むことにしたのです。利用したのは初心者に優しい女性向けのレディースローンでした。

24時間インターネットサイトでいつでも申し込めますので、忙しい自分でも安心でした。審査に通るのか少し不安もありましたが、翌日には結果が出て無事にカードを発行してもらうことになりホッとしました。

希望通りの利率と限度額となりましたので、結果的に本当に満足しています。カードローンのおかげで快適な旅行を満喫することができて感謝しています。

職場への確認電話の際も、社名を名乗らずに個人名でかけてくれましたので周りにバレることなくホッとしました。担当してくれたアドバイザーのきめ細やかな心配りも魅力的でした。

一時的に使わせてもらいました

一時的に使わせてもらいました

社会人になり、仕事をしていましたが、自分の都合上仕事を辞めることになり、田舎の実家に戻ることになりました。しかし仕事がすぐに見つからず、一時的にお金のやりくりが難しくなったため、カードローンを利用していくらかお金を借りたことがあります。

事業を立ち上げたときに借りたビジネスローンとは違い、毎月一万円ずつの返済額でしたが、カードローン利用後、すぐに仕事が見つかり、収入も安定したため、しっかりと返済なども滞りなく済ますことができたためよかったです。

また、クレジットカード審査のように、特に問題なく手続きを進めることができたのもよかったです。余談ですが、どの信販会社が良いかとクレジットカードランキング、クレジットカード比較をするように金融会社を吟味することができて勉強にもなりました。

一時的ではありましたが、金銭的に窮地に立たされたときに利用することができて助かりました。働いていた時には、カードローンを利用することなどあるとは思っていなかったのですが、仕事が無い状態の時に、一時的にとはいえ、借りられたのはとても助かりました。

カードローンの審査について

スマートフォンから簡単な手続きで手軽に始められるカードローンですが、契約前の気になるポイントとして多くのユーザーが挙げているのがローン審査です。テレビコマーシャルや雑誌広告では、審査時間最短30分、即日融資、カードローン即日、即日キャッシングなどカード会社のスピーディな手続きが紹介されているのを目にしますが、実際のカードローン審査にはどれぐらいの時間を要するのでしょうか。余談ですが、審査時間はもちろんのこと、お金を借りた後のことも考えると、この時にローン会社のカード比較、カードローン比較を行うのはとても大事なことです。

まずはじめに、カードローンを契約するには、各金融機関が提供しているオンラインフォームなどを利用して簡単な申込み手続きを行います。この段階では、住所・氏名・年齢などの個人情報に加えて、融資希望金額、自身の年収や年収見込み、他社からの借り入れの有無などを申告します。

この時、年収が融資希望金額に対して十分な年収が見込まれていること、他社からの借り入れが無いことがスピード審査において非常に有利に働きます。たとえご自身にとってはじめてのカードローンであっても、無理な借り入れではないことが証明できていれば、最短と言われる30分程度から数時間以内には審査通過の連絡が貰えます。

カード審査の際、さらに審査時間を短縮したい場合には、インターネットからの申込みに先駆けて金融機関の専用窓口に電話連絡をしておく方法もあります。あらかじめオペレーターとのやり取りでご自身の年収をふまえて、希望する融資金額、融資期間などを相談することができるので、無理な借り入れにならずにスムーズな申込み手続きに進むことができ、審査期間、審査時間の短縮につながります。場合によっては、即日カードローンを組むこと、即日振込も可能になります。審査結果が届き、マルイのエポスカードのような信販系のクレジット会社などが発行するローンカードが発行されたら、銀行のキャッシュカードのようにATMなどで現金を引き出してお金を借りることができます。

在籍確認の電話とは

カードローンを申し込むと在籍確認が行われます。これは申し込み時に伝えた会社に本当に在籍しているのかの確認になります。在籍確認の方法としては一般的に電話での確認がほとんどです。

自分の職場にカードローン会社から電話がかかってくるのは少し抵抗があるという人も少なくないでしょう。同僚などにカードローンの利用がバレないか心配になるのも当然の心理です。ですが実際には在籍確認の電話がかかってきたとしてもバレるというようなことはほとんどありません。

在籍確認の電話をかけているカードローン会社の担当者はけっして金融会社の名前を出すことはありません。かならずじぶんの個人名でかけてきます。またその時に聞かれる内容に関しても、申込書に書かれた内容の確認になりますので、とりたてて難しい質問をしてくるわけではありません。

主に名前や住所といったことが多いです。ですのでカードローンは利用したいが在籍確認の電話がいやで二の足を踏んでいる人も、あまり心配する必要はありません。ですがどうしても在籍確認の電話を避けたいのであれば、確認を書類の提出で代替できる金融機関のカードローンを申し込むのもひとつの方法です。

その場合、金融機関で指定された書類、たとえば源泉徴収票や給与明細といったものを指定通り提出することで、電話での在籍確認を避けることも可能です。何が必要なのかはカードローン会社によってさまざまですので必ず事前に確認することが重要です。

カードローン金利について

カードローンは無担保でお金を借りることが可能で、お金を借りた分だけ利息というものが付くようになっています。貸付金額におけるその利息を計算するのが金利と呼ばれるもので、借りたお金である元金に対し、年間の金利を計算した利息を含めて返済を行っていくのです。

利息は元金に対して一定の利率を出す手数料のことで、この金額が消費者金融なり銀行などのカードローン会社が出す利益となっています。計算方法は元金に金利を掛けて借入期間によって増えるもので、返済するための期間が長引けば長引くほど利息が増えるようになっています。利子を多く払うのはできれば避けたいことだと思いますので、一括返済での完済を視野に入れる、返済相談をするなどして、利子を払う機会を少なく考えたいものです。

金利に関しては消費者金融や銀行など利用するカードローンによって違いはありますが、おおよそ15~18%ほどの数字で、最低返済額と合わせて計算するのが一般的です。

例えば金利18%の会社から10万円を借り、1年間で返済を済ませようとした場合は毎月およそ9,000円以上の支払いが必要となります。つまり返済額は総額で110,004円となっていて、10,004円が利息ということになります。これを半年に繰り上げた場合ですが、毎月の返済額は17,552円となり、総額は105,312円で利息は5,312円となり、大幅に負担が減ります。

当然ながら返済期間が少なければ出費も減りますが、短期で返済するのはなかなか難しいものです。ただ、はじめからある程度、計画的に毎月の返済額をシミュレーションし、できる限り短期で返済していけば負担も減ります。また、金利比較を行って借入総額を比較検討するのもよいでしょう。

カードローンの返済方法

最近では、急な出費に備えるためにカードローンに申し込む人がさまざまな世代で多く見られます。学生や主婦、ビジネスマンなどが突然の出張や入院、ショッピングなどに用いるために上手に利用しているのです。カード申し込みの際、カードローン会社では、スピーディーでクイックな審査によって申し込んだその日のうちにお金を借りることができる質の高いサービスを提供しています。

返済方法についても、リボルビング払いや元利込み定額払いなどお客様の希望に合わせて自由に選ぶことが可能なのです。余裕を持って自分のペースで着実に返済していくためにぴったりの方法を用意しています。そのため、実際に利用した人々の口コミによる評判はますます高まってきているのです。

また、お金に余裕のある月には金額を増やした増額返済や、一括返済などにも柔軟に対応していますので、非常に便利で使いやすいカードローンサービスといえます。銀行のATMはもちろん、最寄りのコンビニエンスストアの提携ATMでもお金を返すことができますので、仕事や家事が忙しい人でも空いた時間を活用して手軽に返済手続きをとることが可能です。

このように、万が一の事態に役立つカードローンサービスは、誰でも簡単に少額のお金から借りることができる心強い存在となっているのです。金利も安く非常にお得なカードローンは、あらゆる年齢層の男女から絶対的な人気と熱い信頼感を寄せられています。個人情報の保護も万全で安心して利用できます。とはいえ、カードローンも人からお金を借りること、つまり借金なわけですから、延滞することがないように気を付けるのも借り手側の義務といえるでしょう。お金の使い道は個々人の自由ですが、カードローンを利用する際には計画的に返済計画を立てて利用したいものです。

銀行カードローンと消費者金融の違い

どちらも同じ金融業に分類されるため、お金を借りられるならどちらでも良いと思う人も多いですが、両者をよく比較して自分に合う方を選ぶことも大切です。そこで、両者の簡単な違いとその意味をおさえておきましょう。

一番異なるのは適用される法律で、銀行カードローンは銀行法、消費者金融は貸金業法がそれぞれ適用されます。その内容についての大きな違いは、総量規制があるかないかです。 総量規制とは、年収の3分の1を超える借り入れはできないというルールで、これは消費者金融にだけ適用されます。そのため、総量規制で消費者金融から大金を借りられなかった人が、銀行系カードローンで借りるということもあります。その際、ここで銀行カードローン比較を行うこともあります。ちなみに、インターネットでは「銀行系カードローンは審査甘い」などと言われることもありますが、実際は銀行借り入れほど審査が厳しいため、これは現実の情報とは乖離していると言わざるを得ないでしょう。

次に金利の違いが挙げられます。銀行カードローン審査、銀行ローン審査は厳しいといわれていますが、その代わりに基本的に消費者金融よりも銀行カードローンの方が金利が低いです。皆さんがテレビのCMや電車の広告などで目にする三菱東京UFJ銀行カードローン(三菱UFJカードローン)や三井住友銀行カードローン(三井住友カードローン)、それからみずほ銀行カードローン(みずほカードローン)やりそな銀行カードローン(りそなカードローン)、中国銀行カードローン(中銀カードローン)、千葉銀行カードローン(ちばぎんカードローン)、静岡銀行カードローン(しずぎんカードローン)、JAカードローン(JAローン)、スルガ銀行カードローン、それからネット銀行であるイオン銀行カードローン(イオンカードローン)などの銀行ローンがこれに当てはまります。しかし、無利息カードローンなどのサービスがあるのはノンバンクである消費者金融の消費者ローンです。そのため、継続して借りるのか、一時的に借りるのかによって、どちらが得か変わってくることになるでしょう。無利息ローンは期間が定められているため、そのキャッシング枠を利用して無利息キャッシングで金融会社をはしごするというのも一つの手です。

また審査では、個人事業主や自営業、フリーランスで働いている人も、仕事さえしていれば基本的に問題ないです。しかし、銀行カードローンは安定した収入があっても、審査に通るとは限らず、自営業やフリーランスはもちろん、派遣社員やアルバイトですら無理と言われています。

銀行カードローンは消費者金融に比べると金利が低いので選択しがちですが、借りるための審査基準は消費者金融と違い非常に厳しいので、限られた人しか利用できませんので注意しましょう。

借り換えの場合のカードローン

カードローンは、すぐにお金を借りることのできる便利な融資です。 しかし、その便利さによって複数の会社からたくさん借りてしまい返済しにくくなってしまった、ということもあります。特に金利が厳しく低金利なものに借り換えたいという人もいるともいます。
そんな時に便利なのおまとめ用と借り換え用のプランです。

借り換え用のプランは金利の高い会社から金利の低い会社に変更するというプランで、おまとめ用は複数の会社のローンを一本化して返済していくというプランになります。ちなみに、前者を借り換えローン、あるいはローン借り換えと言い、後者をおまとめローンと言います。借り換えローンの場合もそうですが、特におまとめローンを利用するときは、あらかじめ事前にローン計算をしておくと事が円滑に運びやすくなります。 借り換えはおまとめとは異なり、金利を比較することで借入先を変更する単独の会社の変更であるため利息の減額分などのシミュレーションをすることが比較的簡単であるというメリットがあります。また、借り換えをする際に借り換え比較を行うことも少なくありません。

それに対して、おまとめ用は複数の会社からの借入を一本化することができるため、ある程度まとまった金額になってしまいます。一本化することによって返済日などの管理がしやすくなるというメリットがあるとされています。銀行おまとめローンなどは金利が比較的安く設定されているため、おまとめを利用する際に人気なものとなっています。

総量規制の対象外となっているため審査が通れば希望した金額を借り入れられる可能性は十分にありますが、その分返済が滞っていないか、借入は適切なのか、本人に対して信頼性はあるのかなど審査内容が厳しくなっています。
また、支払いの手続きや振込手数料などを軽減させることができますが、利息がそれほど減らないなどのデメリットもあり、最悪まとめるよりも支払額が増えてしまうこともあるため注意が必要です。