2017年の最新版

カードローンの限度額はどのくらい?

カードローンの良いところは融資額の限度内なら何度でも借りることができる点です。その都度、審査を受けるということもありませんので利便性の高いサービスと言えるでしょう。ただその特長を生かすには限度額がどの程度になるのかが大切です。

限度額についてはどこで申し込みをするかによって異なります。融資を申し込めるところとしては消費者金融と銀行とに分けることができますが、両者で特徴があるのです。 まず消費者金融を利用する場合の限度額は年収の3分の1以内と決められています。仮に年収が300万円の場合ですと100万円まで融資を受けることが可能です。 こうした制限が設けられているのは総量規制が関係しています。総量規制とは貸金業法によって定められたもので消費者金融の場合はこの法律を遵守する必要があります。

一方の銀行の場合ですが、消費者金融のように総量規制の縛りがありません。つまり年収の3分の1以上の融資を受けられる可能性があるのです。とは言え限度額が極端に高くなることはありません。年収に見合わない融資をすると返済が滞ってしまうリスクがありますので、総量規制の対象外の場合でも結局、年収の3分の1程度の限度額になってしまうことがあるのです。しかしながら銀行側の裁量によって金額は違ってくるため、人によっては年収の半分くらいの金額まで限度額を設けてくれることもあります。 銀行は自由度が比較的高いのが特徴ですが、他にも消費者金融と比較して金利が低めに設定されているという良さもあるのです。数%低く設定されていますので返済の負担も小さく、消費者金融よりも融資を受ける側としてはメリットがあると言えるでしょう。

ただ消費者金融側にもメリットがあり、例えば審査スピードの速さです。タイミングによっては即日融資を受けることも可能ですから急ぎの場合には有利です。他にも無利息期間を設けている業者もあるために融資の際の負担が小さくなるといった良さもあります。