2017年の最新版

高度成長期の頃からのカードローンの歴史

カードローンという個人向けの融資のサービスがあります。個人信用によるサービスです。その審査に通ればこれを利用することができます。安定した収入があれば審査落ちすることは少ないです。学生や主婦でも審査に通過する可能性はあります。

このカードローンの歴史を紹介します。高度成長期の頃も、サラリーマンなどを対象にした貸金業はありました。ですが、とても高い利息が付きました。今は利息はすごく下がりました。また、今では銀行と提携してカードローンのサービスを行っている所も多いです。

その多くは不動産などの担保がなくても利用することができます。保証人を探す必要もありません。給料日前のサラリーマンなどにこのサービスは重宝されています。なお、このサービスは今ではコンビニのATMから利用することができます。

高度成長期の頃はコンビニのATMはまだありませんでした。2000年代に入ってコンビニのATMを多く見かけるようになりましたATMの機能については、CDの自動契約の機能だけでなく返済の機能もあるというものです。

カードローンのサービスは、誕生後、順調に拡大していきました。ですが、強引な取り立てや過剰な貸し付けなどが問題になりました。今ではそうした問題はほとんどなくなったのです。このため、このサービスはより利用しやすいものになり、銀行からお金を引き出す感覚で気軽に利用することができます。

カードローンのサービスが誕生した直後は、サラ金と呼ばれてイメージが良くありませんでした。今はイメージはずいぶん良くなったでしょう。また、1990年代まではこのサービスを行う消費者金融と銀行は住み分けしていました。ですが、2000年代、消費者金融の多くが銀行の傘下に入りました。

このため、今日では消費者金融が保証人になることによって、信用度が比較的低い人でも銀行このサービス利用することができるようになりました。