2017年の最新版

主婦でもカードローンを利用できる

カードローンは通常、総量規制が適用されるものであり、年収の3分の1以上の融資を受けることはできません。そのため専業主婦の場合ですと無収入となりますので融資を受けることはできないことになります。しかしながら総量規制というのは貸金業法に専従している業者に適用されるものですから、適用外の銀行系の場合なら対象外となり主婦でもカードローンの申し込みができることがあるのです。大手の銀行でも主婦向けのサービスを展開していますし、有名な銀行ならあまり知らない金融機関のような不安も感じにくいと言えます。

主婦向けということもあり金利が低めに設定されていることが多いです。生活費を節約しながら返済をしてくことができますので、計画的に利用すれば返済で苦労してしまうリスクも低いと言えるでしょう。ただし、限度額はあまり高くないです。勤め人が利用する場合と比較すると大口融資を受けることはできません。主婦が利用する場合の限度額としては大体10万円~50万円程度となっていることが多いです。

なお申し込みをする際には家族に知られることなく手続きをすることもできます。そのため家族にばれてしまうのは都合が悪い場合でも安心です。

カードローンを申し込みする際には審査を受けることになりますが、その際にチェックされるのが世帯年収です。パートなどに出ている主婦ならまだしも専業主婦の場合ですと夫の収入が頼りになります。それゆえに夫の収入次第では審査の通過が難しくなってしまうこともあるのです。

例えば毎月の収入が安定していない場合は厳しくなります。安定した収入と認められませんので審査に落ちてしまう可能性があります。他にも夫がすでに融資を受けている場合もハードルは高くなると言えるでしょう。とにかく返済が難しそうと判断されてしまうのが良くありませんので、状況によっては否決になる可能性も否めません。しかしそれらをクリアすることができれば問題なく審査も通過することができます。