2017年の最新版

カードローンのランキングで注意すべきこと

カードローンのランキングで注意をすべきなのは、そのランキングが銀行のカードローンになっていないかどうかを確認することです。元々、カードローンと言うのは銀行が提供している融資のサービスであるため、ランキング形式でサービスを紹介しているところでは銀行のサービスをそのまま消化しているところも少なくありません。しかし、こうした銀行のカードローンと言うのは一般の少額融資を求める消費者の意思とは少しずれたランキングになっている可能性があります。そのため、ランキングを参考にするのならば必ず少額融資を利用することが可能な消費者金融のカードローンのものを参考にする必要があります。

こうしたことに注意すべきなのは、銀行と銀行系列の消費者金融が分けて考えられていることからも明らかです。銀行と言うのは、大口の融資を提供する相手と少額融資を提供する相手でサービス内容を会社ごとに分けて考えています。銀行カードローンという言葉は巷でも良く使われていますが、銀行のカードと言うのはそのままの意味でそのカードを利用することによって大口の融資を利用できるサービスのことを意味します。

一方で、銀行系のサービスというのはカードローンという名前でサービスは提供されていますが、肝心の中身のサービスは少額融資の総称であるキャッシングと何も大差がありません。これは、実際に適用される法律の違いからでも明らかなので覚えておく必要があります。銀行のカードは銀行法の範囲内で提供されますが、少額融資の範囲内である銀行系のサービスはたとえカードにしてサービスを提供していたとしても貸金業法という少額融資に関する法律が適用されます。つまり、銀行のサービスと銀行系のサービスは全く異なるものなのです。

初めてこうしたサービスを利用する人はこの点に関して本当に誤解をする人が多いので気を付ける必要があります。少額融資のサービスをランキングで確認したい場合には、銀行系のサービスを参考にすることです。