2017年の最新版

自分の条件にあったカードローンを選ぶために一覧を利用しよう

インターネットが普及したことから利用が手軽になってきたカードローンは、現在のところ消費者金融と銀行の2種類から選択して申し込みをすることができます。

当然ながらどちらも契約して2社で使い分けるといった方法もありますが、通常は1社のみを利用するのがおすすめとなります。この際に自分の条件に合うサービスが提供されているか、余計な出費となる金利が高くないかなどを比較するために、カードローンの一覧を利用するのもひとつの手です。

消費者金融と銀行ではメリットとデメリットがそれぞれにあるため、金利が安いから利用しやすい、即日融資ができるから有り難いといっただけでは決められません。また、消費者金融では総量規制の問題で利用限度額が年収に影響を受け、借り入れできる金額に制限がかかるので必ずしも良い選択とは言えません。銀行は金利が低い分だけ余計な出費も減りますが、消費者金融に比べて通過率は30%前後と審査は厳しいため、必ずしも利用できるとは限りません。

収入のない専業主婦などは総量規制の問題から消費者金融で利用する場合は配偶者貸付を利用するほかなく、夫の同意がなければ借りられないため、バレないようにするためには銀行カードローンを利用することになります。その際には全ての銀行が専業主婦を対象にしているわけではないため、可能な銀行を探さなければならず時間や手間がかかってしまいます。こうしたサービスの善し悪しを選別するのに便利なのがカードローンの一覧が公表されているサイトで、分かりやすくまとめられているため、自分の条件に合わせて利用できるところを見つけることができます。急な出費でお金が必要な場合は即日融資が可能な消費者金融を選ぶと良いですし、金利が少ないところを選ぶなら銀行の方が圧倒的に有利となっています。必ずしもどの金融商品が1番というわけではないので、それぞれのサービスを見比べてから選択することが大切です。