2017年の最新版

いざという時に役立つカードローンがおすすめ

お金を用立てる方法にカードローンがあります。これは個人向けの無担保融資を受けられるというものでキャッシング同様にもしもの時に役立つサービスと言えるでしょう。ただ無担保での融資となりますので当然それなりの基準が設けられた審査を通過する必要がありますし、状況次第では審査落ちをしてしまうこともあるのです。ただ、だからといって審査基準が特別厳しいわけでもありません。きちんと定職に就いて安定した収入があれば利用できるサービスです。なお、限度額が決められたカードローンもあり学生や主婦でも持つことができますから、勤め人以外にもおすすめと言えるでしょう。

カードローンの具体的にメリットとしては、まず借入余力があれば追加融資を受けることができます。フリーローンの場合ですと融資を受けるために再度の審査が必要になりますが、カードローンですとそうした審査は不要です。一度借入額が決められたらその中で何度でも融資を受けることができます。

大手の金融機関も扱っていますのでハードルが低いのもメリットです。普段利用することがない金融機関ですと利用しにくく感じてしまうものですが、お馴染みの金融機関なら気軽に利用しやすいです。また、インターネットでの申し込みに対応しているところもありますので、店舗まで足を運ぶ必要もありません。

デメリットは返済に時間がかかってしまう恐れがあることです。限度額内なら何度でも融資を受けられるのは魅力なものの、多く融資を受ければ当然返済も厳しくなります。無論、返済期間が長ければ金利の支払いも多くなってしまいますので、計画的に利用しないと後々に苦労する恐れがあります。

金利が高くなるのも知っておくべきデメリットです。無担保で融資を受けられる一方、金利は高く設定されていることが多いです。長期的な返済が必要になった場合、金利のみで相当な額の支払いになることもありますから注意して利用しなければいけません。