2017年の最新版

借りやすいカードローン会社を選択しよう

カードローン会社を選択する際には、個人の消費者が借りやすい会社を選択することがポイントになります。基本的に、カードローンには大口の融資を行ってくれるものと少額融資からでも容易にお金を借りることができるものが存在します。少額融資に関しては消費者金融という貸金業者が提供していて、この消費者金融は銀行などの金融機関とは完全に別個の組織として融資を提供しています。

なぜ消費者金融ではカードを発行しやすいのかというと、まず返済に関するリスクを消費者金融が背負う可能性がものすごく低くなっているからです。本来、融資を提供する会社は、融資をする相手が本当にお金を返済してくれるのかという適性判断を厳格に行わなくてはいけません。審査を疎かにしてしまうと、それによって返済することができない消費者にばかりお金を貸してしまうとお金を貸す業者の方が大きなリスクを背負ってしまうことになるからです。

しかし、消費者金融の場合にはこの融資に関するリスクの負担を法律が背負うことになっていますので厳格に消費者金融の方から審査をしなくても安全性が保障されるようになっているのです。この法律的な安全性は総量規制という規制によって守られています。消費者金融では、総量規制によって消費者が必要以上の負担を強いられないように年収の三分の一という限度に対して規制を設けており、これによって年収の三分の一以上のお金を絶対に借りることができなくしています。こうしておけば、それ以上の負担が融資によって生じることは無くなりますので、消費者金融のカードローンは厳格な審査をしなくても安全に利用できるようになります。

消費者金融のカードローンが借りやすいのは、こうした総量規制などによる法律的な安全面での保証が存在するからに他なりません。事実、利息や金利に関する取り決めも法律によって行っていますので、消費者金融のカードローンは借りやすいうえに安全に使うことができるのです。