2017年の最新版

カードローンの限度額に年収は関係ある?

カードローンのサービスを行っている会社は様々あります。消費者金融や信販会社、銀行等に分けることが出来ます。借り入れの際には、それぞれの会社の基準によって審査が行われ、限度額が決定されます。 限度額を決めるのに、個人の年収は関係あるのでしょうか。

消費者金融や信販会社の場合、「総量規制」という法律によって、会社は年収の3分の1を越える貸し付けを行ってはいけないと定められています。これは、一つの会社の限度額ではなく、個人が利用している会社全体の合計です。そのため、ある会社で年収の3分の1の額を借り入れしているとしたら、他の会社からは借り入れをすることが出来ないという事になります。

一方、銀行の場合は、総量規制による限度額の制限はありません。そのため、年収の3分の1を越えた借り入れが出来る可能性があります。例えば、収入のない専業主婦や低収入の人であっても、配偶者等といった他の家族に返済能力がある、大きな資産を持っている、という場合は、カードローンの審査に受かることもあるのです。

ただし、総量規制による限度額の制限が無いからといって、いくらでも限度額を増やせるというわけではないことには注意しましょう。

このように、限度額は、消費者金融や信販会社では年収の3分の1という制限があり、銀行では個人の年収だけでは決定されないということがわかります。

しかし、新規にカード-ローンを契約する時には、これまで説明したような最大の限度額を設定できるという事はほとんどありません。

その理由は、審査では収入の他に、「信用」が重要視されるからです。カードローンで借り入れを行った時に、きちんと期限内に返済できなければいけません。特に初めての利用では、借入・返済の実績がないため、判断することが出来ません。そのため、初めの内は限度額が低く設定されるのです。限度額を増やしたい時は、期限何に借入と返済を行っているという実績を作る必要があります。