2017年の最新版

カードローンを利用するなら大手を選ぶ

カードローンのメリットは無担保で利用できる、条件さえ満たしていれば誰でも気軽に申し込みができる、早ければ即日融資にも対応しているといったものがあります。そのため、急な出費でお金が必要になったときでも、即日融資に対応していればその日のうちにお金を借りることも可能となっています。

しかし、カードローンであればどこでも良いというわけではなく、時には悪質な業者に引っかかってしまうことにもなるため、申し込みをする際には大手を選ぶようにしましょう。カードローンには消費者金融と銀行の2種類から選ぶことができ、どちらにもメリットやデメリットが存在します。消費者金融は大手であれば即日融資に対応し、ネットバンクなどを利用すれば数分でお金が入金されるなど対応が早いです。

その反面、利用限度額には総量規制がかかるため年収の3分の1までしか借りることができず、金利も18%と高めになっています。銀行の場合は金利が15%前後と安く借りることができますが、対応は早いところでは即日融資も可能ですが、地方銀行などでは審査に時間がかかり、数日待たされることも少なくありません。一部では自動契約機がなかったり、WEB完結などに対応していないところもあるため、こっそりお金を借りるということができないところもあるので、条件面で選ぶのであれば大手消費者金融ということになります。利用限度額に関しては大抵は最初の契約で10~30万円程度と少ないですが、余程のことが無ければ10万円もあれば十分でしょう。

また、消費者金融では1ヶ月の無利息サービスといったものがあるので、すぐに返済する予定であれば余計な出費もなしに利用することが可能です。大手の場合は土日など休日でも対応している企業もあるため、仕事で忙しくて平日ではなかなか申し込みができない場合でも問題ありません。WEBからなら24時間いつでも申し込み可能ですし、自動契約機を利用すればカードをすぐに発行することも可能となっています。