2017年の最新版

カードローンで借入をする際に必要なものを準備しよう

カードローンで借入をする際に必要なものは何なのでしょうか。

実際に必要になるものに関しては、金融機関を利用するときと貸金業者を利用するときでかなり異なります。一般的に、カードを発行してもらうときに厳密な書類や手続きが必要になるのは銀行で手続きをするときです。これは近年で特に顕著になっていますので、それぞれの金融機関で必要になる書類が何なのかを聞いておかなくてはいけません。

では、なぜ銀行では厳格な書類が必要になるのでしょうか。まず、一つ目の理由は銀行が提供する融資の金額が非常に大きいからです。銀行と言うのは、銀行法と言う法律によってそれぞれの銀行に対して消費者に対する融資の金額を決めることができる権利を持っています。例えば、銀行は大手の企業に対して数十億円と言う莫大な融資を実施することができますが、こうした融資をすることができるのも法律によってそのような融資が認められているからに他なりません。言い換えれば、これだけの融資を行うことができる反面で、返済をしてくれなかった時のリスクを銀行が全て背負わなくてはいけなくなっています。ですから、本当に返済能力が存在するかどうかを厳格な審査によって確認しなくてはならない義務があるのです。

そして、二つ目の理由が近年は個人に対する大口の融資がカードローンと一体化になっていることが多いからです。以前までは、住宅ローンなどの大口の融資はそれぞれの消費者と相談をしながら決めることが大半だったのですが、近年は事前にどれだけの返済能力が存在するのかを確認することによって融資の範囲をある程度決めておき、カードローンの中で大きな融資を利用できるように工夫をしています。ですから、銀行でカードを発行してもらう際には個人であってもそうした大口の融資を想定審査を厳しくしているわけです。収入証明書だけではなく勤続年数なども参考にされますので必要な書類は複数に渡ることを知っておきましょう。