2017年の最新版

カードローンの審査に受かる人はどんな人?

生きていればお金が必要になる事はあります。その時にもし、もちあわせが無ければ借りる必要があります。ここではカードローンを利用する時に審査に合格するための基準について解説していきます。

・カードローンに通りやすい人
審査に高い確率で通過できる人はどんな人でしょうか。まずはカードローンを始めて作る人です。次に収入が安定している人、最後に返済を延滞した事がない人です。
逆に審査に受かるのが厳しい人の特徴は他社からも借り入れしている、今までに返済を遅れた事がある。収入が全然ないなどです。この中の項目で一つでも当てはまる人は審査にパスするのが厳しくなる可能性が高いです。

・審査を受ける時にしない方がいい事
まずは複数の会社に同時に申し込みをする事です。複数の会社に申請する人は急いでいるからや、審査に落ちるかもしれないから保険になるからなど。いろいろな理由がありますが、いずれにしてもやめておいた方がいいでしょう。
普通はカードローンの利用を希望した時に貸金業者は個人信用情報機関でその人の利用記録を確認します。ですから、複数の会社に申し込みをしているという事もばれます。合否を決定するスタッフがこの記録を見た時には、良い印象を持ちません。
他社も貸す事を渋っているとか、貸し倒れになるかもしれないなど。悪い印象を与えてしまい、ローンの利用を認めてくれなくなります。また、申込書に虚像の内容を記載してしまう人は信用を失います。
自分がカードローンを使用したいばかりに嘘の情報を登録してしまう人がいるのです。でも、これはばれる可能性が高いです。

・こんなところも見られるカードローン審査のチェック項目
借り入れをするにあたり貸金業者から許可がおりないといけませんが、その時の基準は返済能力があり、安定した収入がある事です。ですが、これは基本で他にもチェックされる項目があります。
まずは住まいです。賃貸よりも持ち家の方が有利になります。次に勤続年数です。同じ会社で長く勤めている人の方が信用があります。また、公共料金や信販会社から料金を滞納していないかも確認されます。
カードローンの審査では特に信用が重要なのです。