2017年の最新版

カードローンの賢い返済方法

カードローンを用意しておけば、不意の出費にも慌てず対応することができます。もちろん、ローンで得たお金は、しっかりと返済する必要があります。きちんとした計画を立てて返済していけば、信用情報が傷つくこともなく、生活を便利にしていくことができるのです。

一般的に、カードローンの返済は、一括、もしくは月ごとの分割払いとなります。ほとんどのケースでは、一括払いを利用することはありませんので、月額払いになることを、あらかじめ把握しておくべきです。そのためにも、上限額ギリギリまで借りてしまうべきではありません。生活資金内における返済額の割合は、1割から、多くても2割程度が望ましいとされていて、それ以上は生活を圧迫することになります。とくに、毎月の手取りが少ないほど、それだけ毎月の負担がストレートにのしかかりますので、慎重な検討が必要となるのです。とはいうものの、誰しも金融の知識を持っているわけではありませんので、専門的なアドバイスを受ける機会を利用するべきでしょう。多くの場合、銀行でカードローンを利用する際には、あらかじめ、毎月の返済プランを相談できるようになっています。審査が通ったのは、今までの信用情報の賜物ですから、これを毀損してしまわないよう、無理のない毎月のプランを組み立てることが大切です。

意外と見落としがちなのが、ボーナス払いの存在です。これは、毎月行われている支払いに加えて、特定の月にだけ返済額を加算できるものです。これを小まめに適応することで、元金を大幅に減らすことができます。そうすると、それだけ利息や手数料も少なくなりますので、積極的に活用するべきです。ボーナスの半分ほどは、常に支払いに回すようにしましょう。いずれにせよ、5年以内の完済を目指すことが、懸命なカードローン利用の目安となります。本当に必要な金額を見極めつつ、支出バランスとも兼ね合いをとることが大切といえるのです。