2017年の最新版

カードローンのデメリットについて

カードローンのデメリットは大きく分けて2つあります。 1つ目のデメリットはなかなか完済できずに依存してしまうことです。 カードローンは範囲内であれば何度でも借り入れができる特徴を持っています。その特徴によって利用者の多くが自分の貯金を引き出すように使ってしまう感覚に陥っているのです。つまり自由にお金を引き出せるサービスが強みですが、同時に弱みでもあるということです。

少し我慢すれば問題ないのに資金繰りに苦しみを感じて、つい頼ってしまってはいつまでも完済できません。それどころか返さなくてはならない支払額がどんどん増えていく事態になってもおかしくはないのです。最悪、返済できなくなり、借金依存症になってしまう場合が実際に起きています。こうした事態を回避するにはフリーローンを利用するか、完済できるようになったらすぐに完済するかのどちらかしかありません。

2つ目のデメリットは金利が低めだということです。 カードローンはその特徴によって長期の利用をしがちです。実際に長期の利用ができるようになっており、そのうえ利用限度額が低くなっています。そのほとんどは10%台の金利が適用されており、大体100万円程度になります。もちろん10%以外の金利もあり、18%台の金利というローンという枠の中では比較的金利が高い部類もあります。しかし個人向けローンで限度額が100万円で10%を切るものはまずありません。この10%台の金利は長期返済を続けることを考慮した場合、ローン商品としては高すぎます。要するに長期の利用を考えると利息だけで支払総額が膨らむ状態と借金のない状態とを比較すると、借金のない状態の方が損をしていないということです。

もちろん借入のサービスを比較すれば損が少ないことも見られます。 例えば消費者金融のキャッシング・クレジットカードのキャッシングと銀行カードローンを比べると銀行カードローンが低金利なものが多いですが、必ずしも金利が低いというわけでもなく、利息に気をつけなくてはなりません。

"