2017年の最新版

カードローンの申し込みに用意する必要書類

カードローンの申し込みを行うために用意する必要書類として、申し込みをする本人の書類を用意します。家族と一緒に生活をしているからといって、父親など家族の本人証明の書類ではなく、申し込みをする本人の書類を用意する必要があります。結婚をしている女性の場合も、旦那さんの本人を証明する書類ではなく、奥さん自身の証明できる書面を用意することとなります。

本人確認書類というのは、自分のことを証明できる書面になりますので、最もよいのは本国籍や現住所に写真まで入っている、運転免許証などはとても良いと言えます。運転免許証には番号も入っていますので、誤魔化しがきかないだけあって、信頼をされる証明の書類として取り扱われます。でも運転免許を誰もが取得をしているものではないですし、地方では自動車が庶民の足になりますが、都心では移動は公共の交通機関です。

自動車も運転免許証も、所持していなくても生活は出来てしまいます。だから都心に生きている人で、尚且つそれほど所得が多くない人などは、今の時代では自動車への意欲はなく、運転免許を取得することすら考えない人もいます。80年代までの日本のように、若者には車がステータスという時代は終わりを告げていますので、現代では都心で自動車を持つ若者は少ないですし、自動車を持つことで駐車場などの費用も発生するので、低賃金の人には無理な話です。

ほかにも本人確認の書類を用意できるものとして、パスポートや健康保険証な土があります。顔写真の入った、住民基本台帳カードなども、本人を証明する書類として有効なものとなります。

ローンの利用金額によっては、申込者の年収を確認できる資料を、あらかじめ用意をする必要も出てきます。会社員の場合ですと、会社から年末に受け取る源泉徴収票の提出ができます。もしくは連続の月の給与明細を提出するなど、収入が確実にあることを証明できる書面を、金額によっては提出を求められることがあります。