2017年の最新版

最強のカードローンとはどのような商品でしょうか

多くのカードローンが提供されていますが、その中でも最強のカードローンとはどのような商品のことになるのでしょうか。同じ、契約するのであれば、少しでも良い商品を契約したいと思うものです。一般的には、カードローンには、銀行系のカードローンと消費者金融などの貸金業者のカードローンがあります。それぞれに特徴があり、また、それぞれにメリットとデメリットが存在しています。

銀行カードローンの場合には、資金調達が有利という状況がありますので、比較的低金利なのが売りとなります。金利が低いということは、最終的な支払額が少なくて済みますので非常に重要なポイントとなります。ただし、低金利とは言っても、銀行により異なりますので、本当に低い金利のものから、中には、銀行系とは言いながら、消費者金融並みの適用金利の銀行もあります。また、審査時間がそれほど短縮されてないケースも多く、消費者金融では当たり前となっている即日融資に対応できない銀行もあります。このように、金利は低いものの、利便性に問題ありというのが銀行系の特徴です。

これに対して、消費者金融業者などの貸金業者は、金利は高金利なものとなりますが、審査時間の短縮、審査の簡素化、無利息サービス、24時間365日リアルタイムの振込サービス等々の多くの利便性の高い商品を提供しています。大手業者の場合には、申し込みから契約まで1時間前後で完了しますので非常に便利です。ただし、適用金利は、大手銀行などと比べると最大金利で3~4%ほど高くなりますので、最終的な支払い額は大きくなります。

このように、それぞれにメリット、デメリットがありますが、最近では、このいいとこどりをしたようなカードローンが提供されています。つまり、金利は銀行系の低金利なもので、利便性は消費者金融並みの質の高いサービスを提供している商品です。これらは、メガバンク系の商品で、保証会社をグループ企業の大手消費者金融が担当しているというパターンのカードローンとなります。