2017年の最新版

有名なカードローンで低金利で借りよう

有名なカードローンを利用すれば低金利でお金を借りることが可能です。基本的に、カードローンを利用する際には金融機関である銀行でカードを発行してもらうか、貸金業者の消費者金融でカードを発行してもらうかの二つの選択肢が存在します。これらのうち、有名なカードローン会社は銀行と消費者金融ではまるで異なっているということを理解しておかなくてはいけないでしょう。

まず、銀行である金融機関と貸金業者である消費者金融の融資の最も大きな違いは、カードを発行したときに利用できる限度額にあります。これは、金融機関と貸金業者でカードを発行するときに適用される法律が違っているからに他なりません。カードを発行している貸金業者は、総量規制という融資の規制が適用されるのですが、金融機関として融資を提供している銀行ではこうした融資の規制が適用されないというメリットが存在するのです。この限度額は、カードを発行する際に申し込みを行う本人の年収によって決まりますので、基本的に貸金業者でお金を借りるときには年収を基準とした限度額が必ず設定されるということを覚えておきましょう。

では、カードローンを利用するときには限度額が存在しない銀行のサービスを利用した方が良いのでしょうか。そうではなく、貸金業者に対して適用される総量規制の影響で、銀行でカードを発行するよりも貸金業者でカードを発行する方が個人にとってはハードルが低いというメリットがあります。つまり、どちらにも一長一短がありますので目的に従ってサービスを使い分けることが重要になってくるわけです。例えば、貸金業者の有名な会社では簡単な審査だけでお金を貸してくれる上に、初回限定で無利息で融資を提供してくれるとても便利なサービスを提供しているところもあります。こうしたサービスは高額な融資を提供している銀行のカードローンでは利用することが難しいので、個人で少額融資を借りるときには消費者金融の方が使いやすいと言えるでしょう。