2017年の最新版

カードローンに取り立てはある?

お金を借りた場合、しっかりと返済していく義務がありますが、事故や病気など、やむにやまれぬ事情によって、返すことが出来なくなることもあります。カードローンでお金を借りて、返済が出来なくなってしまった場合、取り立ては行われるのでしょうか。

取り立てというと、夜中に何度も呼び鈴を鳴らされたり、勤務先に押しかけたりといったことがイメージされるものですが、実際には貸金業法で細かく制限されていますので、そういった激しい行為などは行われないといわれいます。正当な理由なく勤務先に連絡することや、午後9時から翌朝午前8時までの時間帯の訪問などは、違反行為となりますので、まず行われないと考えて良いでしょう。 では実際には、どんな形で返済を求められるのかというと、まず請求と督促があり、それに対応せず返済しない場合は、内容証明郵便が送られる、という流れになります。その内容証明郵便に記載されている期日までに返済が行われない場合、少額訴訟などの手続きが行われる、とされています。

ただ、返済できるお金がない状態であることがほとんどですから、現実的には訴訟よりも先に、債務整理を行うことになるのが、一般的です。債務者が弁護士を通して、債務整理の手続きを始めると、債権者に報告が届き、その後は取り立てや督促が行われなくなります。

一言に債務整理といっても、その内容は様々であり、任意整理や個人再生、自己破産など債務者の状況によって異なる方法があります。債務整理を行う場合、まずは専門の弁護士などに相談し、どういった方法で整理していくのかを、決める必要があります。厳しい取り立てなどが行われなくても、借金の督促が来る状態というのは、精神的につらいものです。専門の事務所や、社会福祉事務所には、債務整理に関する相談窓口が用意されていますので、そういった場所でまずは相談をして、その後の手続きについて計画を立てていくのが良いでしょう。