2017年の最新版

カードローンをひとつにまとめるときに知っておいてほしいこと

いろんな定義がありますが、3社以上のカードローンを持っている人は多重債務者と一般的には言われます。返済日もさまざま、返す金額も変わってきますので、非常に煩わしくなるでしょう。また返済が遅れるようなことがあれば、それだけで利用者のペナルティーが課せられます。これからカードローンを利用できなくなる可能性もあるでしょう。そうならないために、自己管理をしっかりすることが大切ですが、他の方法を活用することでカードローンのうまい返済をすることが可能になります。

カードローンをまとめることができることを知っておきましょう。たとえば数社から借りているお金を、1社から総額キャッシングして、それを返済することが可能です。今までは返済日から金額まで異なっていた返済をしていたのが、1社だけに返済をすることになりますので、非常に楽になるでしょう。またそれだけではなく、金利が低くなり、毎月の返済金額も少なくなりますので、カードローンをひとつにまとめることは利用者にとって楽になる手段と言えます。

まとめることに長けている貸金業者もあり、「おまとめローン」の名目で営業をしていますので、頼ってみるのも良いでしょう。ただし注意しておかないといけないこともあります。ひとつにまとめることで返済の総額から毎月の金額まで減額されるのがメリットになりますが、審査は普通のカードローンを契約するよりも厳しくなりがちです。よって審査に落とされる可能性もあることを知っておきましょう。

また利用するおまとめローンは、今借りているカードローンよりも金利が低くなければ意味がありません。よって現在借りている金利について注目をし、それよりも低くなるおまとめローンを契約しましょう。また毎月返済する金額が、本当に今までよりも楽になるのかをよくチェックしてください。おまとめローンを提供する貸金業者の多くが、シミュレーションができるようになっていますので、それを利用すると良いでしょう。