2017年の最新版

カードローンでの借り入れに担保の提供は不要

銀行などで資金援助をしてもらう場合、万が一の返済不能に備えて、担保の設定を要求されることが多いです。銀行からの融資の場合、最も多いのが住宅ローンです。数千万円の借入れを個人でするのですから、返済不能になってしまった場合に、融資した金額を確実に回収したいと考えるからです。

一方で、カードローンを利用する場合には、担保を設定することを義務付けられません。個人の信用で成り立っているのです。また、カードローンを利用する人は少額の借入れをする場合が多いですし、担保の設定を融資の条件としてしまいますと、利用者が少なくなってしまうからだと考えられます。

では金利を考えてみます。住宅ローンでの金利負担は数パーセントです。しかしカードローンの金利負担は年率で18%が上限とされています。融資を受ける金額や借入れる人の収入などの条件により、適用する金利が変わりますが、最初にカードローンを利用する場合には、上限の18%を適用される場合が多いです。

そしてその後に返済の状況や借入れの状況に応じて返済を確実にするということがわかった時に金利の条件が緩くなることが多いのです。担保の提供をするということは、最悪の場合、ご自身の不動産を売り払わなければなりませんし、少額の借入れの場合でも担保の設定をすることは、家族や親族など他の人に知られずにお金を融通したい人にとっては大きな障壁となってしまうのです。

カードローンの申込みは簡単だからと安易な気持ちでお金を借りてしまうことはリスクが高いです。借金は必ず返済しなければならないものです。返済の遅延を起こしますと、遅延利息が課されることになりますし、何度も返済を怠りますと、強制的に返済を要求されることになります。返済をするように電話連絡が本人にかかってくることになりますし、それでも返済しなければ、家族や職場などに連絡が入ることになってしまいます。そして、最終的には自己破産となりすべての財産をうしなってしまう可能性もあるのです。カードローンの利用は計画的に、できれば利用しないようにすることが大切です。