2017年の最新版

カードローンの申し込むと会社に連絡が行きます

カードローンの申し込みで、会社に連絡が行くかを心配する方がいますが、ほとんどのカードローンの会社がカードを作る際に電話を掛けます。電話をするのは、在籍確認を取るためになります。今勤めている会社を申告して、本当にそこに勤めているかを確認するために行われます。会社に連絡が行くのは嫌なことだと思いますが、偽りの申告をしてしまうと、カードローンの審査に落ちてしまう可能性が高くなってしまいます。会社に在籍確認をするタイミングとしては、カードローンに申込みをしてから審査となり、この審査の時に行われます。

電話で何を聞くのか気になるかと思います。消費者金融の場合は、担当者の個人名を名乗り、消費者金融の名前を出すことはありません。銀行の場合は、何も言わないと担当者は銀行名を言います。会社にあまり知られたくない方は、銀行名を名乗らずに個人名で電話をかけてもらうことが出来るので、申し込む際に伝えましょう。

お金を借りたことを会社にばれることはありません。お金を貸している企業は、本人以外に知られないように配慮してくれます。ただ、会社にばれる可能性としてはゼロではありません。お金の借入をしたことがある人が、在籍確認の電話に出ると、気づいてしまう可能性はあります。また、会話によって推測されてしまう可能性もあります。

どうしても会社の人間に知られたくないという方は、カードローンの会社によって在籍確認を書類で済ませることが出来ます。社員証や給与明細などの、会社で働いていると照明出来る物を提出することで済ませることが出来ます。提出する時にも、郵送やFAXをしなくても携帯電話で写真を撮って送るだけで在籍確認として扱ってくれます。この方法を使うことによって、電話での在籍確認をせずに借入出来ます。

最近では、電話での在籍確認なしと宣伝しているカードローンの会社もあるため、会社にばれることを心配しいる方に関しては、そちらのカードローンの検討を考えたほうが良いでしょう。