2017年の最新版

カードローンは在籍確認が必ずある

カードローンを利用する上で絶対に覚えて起きたことが、在籍確認が必ずあるということです。 カードローンというのは、担保があるわけではなく信用によって融資が行われるものですからその人が申告してきたとおりの収入があるのかというのは融資する側にとって非常に重要なことになります。 もしも、申告してきた内容が正しくなく働いていなくて収入がなければ、貸倒れるリスクが跳ね上がってしまうことになりますからそのようなことを避けるためにも在籍をしているかどうかの電話をかけてくるのです。

その時に問題となるのが、会社にカードローンを利用していることをバレたくない場合在籍確認の電話によってバレてしまうのではということですが、これは基本的に可能性としては低いものとなります。 なぜならカードローンの業者は会社の名前を名乗って電話をかけてくるのではなく、あくまでも担当の個人名で電話をかけてきて本人以外には何の用件で電話をかけてきたかは伝えないので、頻繁に電話がかかってくるような仕事をしている場合には電話からバレてしまう可能性は低いものとなっています。

ただし、滅多に電話がかかってこないような仕事をしている場合には怪しまれてしまう可能性があるので、そのような場合には書類による在籍確認を行っている業者もあるので、書類での在籍確認が受けられる業者を選んでみるという手もあります。 この方法はすべての業者で利用をすることができるわけではなく、更にそれに加えて限度額が低くされてしまうといった欠点がありますが絶対にバレたくない、あまり大きなお金を借りることはないので限度額は気にならないというときには効果的な方法となります。 書類による在籍確認は会社の名前など勤め先の情報が入った給与明細であったり、社員証といったものを提示することによって電話確認での在籍確認の代わりとすることができる方法となるので、覚えておくといざという時に役に立ちます。