2017年の最新版

営業時間内じゃなくてもカードローンの申し込みが可能

カードローンは、銀行または消費者金融会社で無担保で借りられるローンです。返済方法は、2回以上の分割払いで行われます。

誰でも融資してもらえる訳ではなく、借入希望者の年収や滞納履歴などカードローン会社によって設けている基準をクリアする必要があります。借入希望額が大きくなるにつれて、申込時の条件が厳しくなります。安定した収入があれば借りられる可能性が高く、もし本人に収入が無くても配偶者の方に稼ぎがある場合は、融資してくれる銀行や消費者金融会社もあります。

給料日まで待てずに急にお金が必要になった場合は銀行系カードローンではなく、キャッシングカードローンを利用すると良いです。返済方法は一括のみですが、銀行系のように借入利子が設定されていないため、金利0円で借りられるので損しにくいです。スマートフォンやパソコンが普及しているため、各金融機関はオンライン上から申し込みできるように専用ページを作成しています。オンライン申し込みは、審査に通ったらお金が希望した銀行口座に振り込むシステムです。

しかし、金銭が絡むことなのでインターネットだと心配な方も多いでしょう。その時は、各銀行に設置されている借入窓口かATMを使用します。ATMの横に部屋が設置されている場合は、銀行の営業時間内に申し込む必要はなく、営業時間を過ぎても最大夜21時30分まで受付を行っています。窓口指定なら本店か支店から申し込みます。必要なのは、借入者本人が確認できる運転免許証や個人番号カードなど顔写真が付いた書類です。個人事業主の方は、別に納税証明書や受注票が必要になる場合があります。

審査に通るとインターネット限定カードローンのように振込ではなく、カードローン専用カードが送られてきます。専用カードは銀行のATMで使わなくても、ファミリーマートやセブンイレブンなどコンビニに設置されている提携会社のATMから借入が可能です。さらに借入が必要になったら、以前のように営業時間内に窓口に訪れなくてもATM横に設置されている電話から申し込みできます。