2017年の最新版

銀行のカードローンの特徴について

給料日前に急な出費が必要になり困った経験は誰にでもあることだと思いますが、そのような時に心強い味方になってくれるのがカードローンです。

カードローンと一口に言っても様々な金融機関が商品を提供しています。ノンバンク系として消費者金融業者やクレジットカードのキャッシング機能もそれに当たりますし、銀行が発行するカードローンもあります。

一般的には消費者金融のカードローンは審査基準が比較的緩やかである反面、金利が高めに設定されており、相場としては18%前後の金利のところが多いです。

また、貸金業法の総量規制の対象となるため、原則として年収の1/3までしか借り入れをすることができません。また、中小の消費者金融業者の中には、金融庁に登録していない業者もありますので後でトラブルにならないよう注意が必要です。

クレジットカードのキャッシング機能も同様で、簡単に借り入れをすることができる反面、金利は14%程度と高めに設定されています。一方で銀行が発行するクレジットカードは、銀行や保証会社の厳しい審査基準をクリアできれば、比較的低金利でお金を借りられるという特徴があります。

また、申し込み方法も簡略化されており、多くの銀行ではインターネットサイト上で申し込み手続きが全て完了できます。さらに、本人確認書類や収入を証明する資料も不要です。

手続きが簡便なため、審査の時間も短く即日融資が可能な銀行もあります。基本的にはその銀行で普通預金口座を開設して、その口座に振り込みという形が取られます。

また、貸金業法の総量規制の対象外となりますので、消費者金融等で借り入れがあった場合でも新たに借り入れをすることが可能です。

もっとも、銀行の審査基準は一般的には厳しいとされますので、他の金融機関からの借り入れがあまりにも多いようであれば審査が通らない可能性がありますので、あくまでも自分の年収に対して適切な借り入れとなるように心がけましょう。