2017年の最新版

カードローンと貯金は両立できる?

カードローンを利用したい理由は人それぞれですが、時には貯金を崩したくないから使いたいという意見も少なくありません。

お金を借りるということはそれだけ金利がかかってくるので、長く借入をしているとその分だけ自分がカード会社に対して利息を支払い続けていく事にほかなりません。

貯金であれば、預け入れをした金額に対して銀行などから利子をもらう事ができるのですが、今はどの銀行でもすずめの涙ほどもないようなぐらいなので、小額の預け入れだと二束三文にもならないぐらいの額しかリターンがありません。

無理してお金を貯めようと思っても、結局崩して生活費などの足しにしたり、返済用の金額に回したりするという事も多いので、両立をしようとするのは難しいのが現状です。

カードローンの支払いと貯金をするのとどちらが優先されるのかというと、やはり支払いを先に済ませる方が急務です。自分が支払う金利の方が高いのですから、貯金をしたいならまずは借入があればそちらを優先的に返済して無駄な金利の支払いをなくしてからの方が良いのです。

何とか両立させたいと思うのであれば、毎月どんな事にお金を使っているのかを一度洗い出し、その上で削れる部分をどんどん削りましょう。変動しやすい費用は自分でも計算しにくいですが、固定される家賃や水道光熱費などは、見直していくことで節約が出来る事もあります。

その上で返済額なども用意してからどこまでお金に余裕が出来るのかを見直し、その分を貯めていくようにするのです。一気に貯めようとしても難しいですから、この場合は小額で無理のない金額で貯めていけるように計画していきましょう。

借入がない状態で貯蓄をする方が貯めやすいですが、自分のお金の使い方次第では上手に両立して貯めていく事もできます。