2017年の最新版

カードローンとクレジットカードの違いについて

クレジットカードとカードローンは、同じくカードを利用してお金のやりとりを行いますが、それぞれ異なる特徴があります。

クレジットカードは割賦販売法と呼ばれる法律により提供されるサービスで、発行はクレジットカード会社が行います。主にショッピングした際に、商品の購入代金を立て替えてくれます。借り入れできる金額の上限は、最大で100万円程度までです。支払いは翌月の定められた日に一括か分割、またはリボルビング払いで返済します。

カードローンはクレジットカードと違い、貸金業法と呼ばれる法律が適用されます。カードローンのカードは、銀行や消費者金融などの金融機関が発行しているものです。借り入れ可能な金額は200万円程度から1,000万円程度までと幅広く、各種金融業者によって設定金額が異なります。

支払いは毎月決められた日に、あらかじめ決められた方法もしくは自分で指定した支払い方法を選ぶ事ができます。一般的には、一定金額をリボルビング払いで返済していきます。

近年では両方のサービスが一緒になっているカードが存在するため、明確な区分けが無くなってきているのが現状です。そのため、クレジットカードの種類によってはキャッシングサービスも利用可能なケースもあります。

ただし、借り入れ上限金額はショッピング枠の中で決められていることから、カードローンと比べると大きな金額を借りるのには向いていません。カードローンもクレジットカードも、発行する際には審査が行われます。

両方とも審査の内容に違いはあまりありません。ただし、現金の借り入れを行うカードローンの方が、審査は厳格に行われると言われています。保管も、カードローンは消費者金融系よりも銀行系の方が審査は厳しいケースが多く見られます。

銀行系は金利が低いなどのメリットがありますが、審査時間が長くなる傾向にあり、手元に早く現金を用意する必要がある場合、消費者金融系の方が素早く審査が完了するので便利です。