2017年の最新版

カードローンの総量規制を知ろう

カードローンの総量規制というものを聞いた事があるでしょうか。

これはカードローンやキャッシングで安易に貸しすぎて過剰融資になり、破綻してしまう人が増えすぎたことから作られた、過剰融資や多重債務を防ぐルールです。つまり利用者の返済能力を超える融資は一律に禁止して、過剰融資による、自己破産を防ごうとするものです。

具体的には年収に応じて借入できる金額の上限を決めたものです。年収の3分の1までとする厳格なもので、全ての業者を合わせて上限額になります。しかしこれは貸金業法の制限です。つまり貸金業法で営業する業者である消費者金融などのノンバンクの業者のルールですので、その法律の対象外の銀行には適用されません。銀行は銀行法に基づいて営業しています。

この為にほぼ同じような銀行のカードローンには総量規制がないのです。また住宅ローンや自動車購入用のローンなども対象外です。つまり総量規制の対象になるのは、ほぼ消費者金融やクレジットカード会社のカードローンだけです。

しかし一方で、それも対象外なものがあります。ノンバンクのカードローンでも複数のカードローンを返済の為に一本化するために借り入れるローンであるおまとめローンは銀行カードローンでなくても総量規制の対象外になります。

この様に対象外の多い仕組みでもありますので、どうしても年収の3分の1を超える借入が必要なら、決して借りられないことはありません。特にまったく収入のない人は総量規制により借入が出来ないはずですが、専業主婦なら配偶者に収入があることで借入できるケースがあります。

これは銀行のカードローンに限られますが、積極的に融資しているところもあります。広く利用されていて、借入できる金額は最高でも50万円ですが、そのかわり審査は決して厳しくなく、比較的借りやすくなっています。

総量規制で大きな金額を借入するのは難しくなっている反面、総量規制以下の比較的少ない金額の借入はむしろ簡単になっている面もあります。