2017年の最新版

営業停止になったカードローンの扱い方

営業停止といってもいろいろあります。数日営業停止になったり、今後ずっとなることもあるでしょう。そのときはもちろん利用することができません。ただ、返済のときにどうなるのか?気になる人も多いはずです。今まで利用したカードローンが突然営業停止になったときの対処方法について知っておきましょう。

「もう返済をする必要がない」と考えてしまうこともあるはずです。しかしそのようなことはありません。たとえ廃業をしたとしても、その債権はどこかしらの金融機関が引き継いでいますので、今まで通りに返済をする必要があります。

また営業停止した金融機関で返済が遅れているような場合であっても、その借金は債権として回収会社が取り扱いますので、逃れることはできません。よってカードローンを提供している金融機関が営業停止になったとしても、残念ながら返済は続くことになります。

キャッシングに関しては業務を引き継いだ金融機関によって判断が分かれます。いままで問題なく利用していたのであれば、その金利もしくは引き継いだ金融機関が設けた金利によってキャッシングの利用をすることができます。

ただ、いきなり営業停止になり、突然業務を引き継いだことを知るようなことは少なく、大抵は何らのかたちで通告されます。郵送物や電話で行われますので、いきなり使えなくなるといったことは少ないはずです。

仮にそのようなことが起きてしまうと、それが営業停止ではなくカードローンそのものの利用ができなくなっている可能性もあるでしょう。突然使えなくなった場合はそちらの方が高いです。理由について知りたいはずですが、それを金融機関が教えてくれることは少なく、濁されることがとても多くなります。

カードローンを提供する金融機関が営業停止になれば、必ず通告があり業務を引き継いだ会社がその後行いますので、借金をしているのであればそのまま逃げることができないことと、突然利用できなくなれば利用停止を疑うようにしましょう。