2017年の最新版

カードローンの申し込みの際の収入証明書は必要?

カードローンを申し込みしようと思ってどんな条件になっているのか見直していると、必要書類の準備で身分証明書以外にも収入証明書という記載があってどんなものなのか不思議になる事はないでしょうか。自分で用意できるものなら用意しておきたいですが、この書類に関しては自分で作成するものではありません。

収入を証明するものなので、例えば給与支払いの明細書や、源泉徴収表、課税証明書などがそれに該当します。他にも住民税や確定申告書など、カード会社側からこれを用意して欲しいという一覧などがありますし、見ても分かりにくいようであればフリーダイアルなどを使って問い合わせておくと丁寧に教えてくれますので安心です。

申し込みの時に書いてあるので、どんな人も用意しておかないと申し込みさせてもらえないのだろうかと少し面倒に感じるかもしれませんが、全員提出しなくてはいけないということはありません。10~50万円ぐらいの小額の借入の場合は、どの会社でも提示が不要としてある事が殆どです。

提出が必要になってくるのは、借入をしたい金額枠の希望が大きい時です。一般的には300万円以上となると収入証明書の提示も必須となっている事が殆どですから、申し込みをする時にはきちんと必要書類のチェックをしておきましょう。準備に手間取ると、その分だけカードローンの審査にも遅れてしまいます。

他にも、一度提出しても3年などの一定期間が過ぎた時や、審査状況によっては提出が求められる事がありますので、その時には速やかに準備をして提出を行いましょう。

それが出来ない場合には、借入が一時停止などの措置が取られたりする事もありますし、これから申し込みをしようと思っていた人の場合だと審査に落ちてしまう可能性があります。基本的には提出が求められないのであれば準備する必要はない書類ですが、提出をして欲しいと言われたら出せるようにしておくとよい書類だと思っておいて下さい。