2017年の最新版

カードローンと保証会社の関係について

お金がなくなり、お金を借り入れる人はどのような人でしょうか。

基本的に、計画してお金を貯めている人ならば、借り入れをすることはほとんどないでしょう。通常、借り入れする場合は、いざお金が必要になった時に手元にお金がない場合です。計画的にためておらず、思わぬ臨時の出費があった場合には、お金を借り入れることになります。

お金を借り入れるには、様々な方法があるのですが、そのなかでもカードローンは割と利用しやすいのが特徴になります。カードローンは、カードさえ所有していれば、即日審査で即日融資を受けることもできる点で優れています。

特に、すぐに借り入れをしたい場合には、カードローンは非常に役立ちます。もちろん、カードローンによっては即日融資をすることができない場合もありますので、注意が必要になります。

カードローンで審査に通るためには保証人が必要でしょうか。通常、お金を借り入れする場合には、連帯保証人が必要になりますが、連帯保証人は、検索の抗弁権と催告の抗弁権がありません。

わかりやすい説明をするならば、もし、債務者に隠し財産があり、連帯保証人がそれを知っているとします。その時、連帯保証人が債務者の債務を請求された場合でも、債務者に請求をして欲しいと債務者は述べることはできません。また、連帯保証人が複数いる場合は、自分に全額の請求をしてきたとしても、他の連帯保証人に請求をして欲しいということはできません。

ですが、カードローンの場合には連帯保証人は必要なく、保証会社が保証してくれるのです。保証会社は、通常カードローンを扱っている会社であれば利用することが出来ます。

保証会社の役割は、債務者が債務の支払いを滞った場合に、債務者に代わって債務を支払うことになります。そのため、後に債務者に対して保証会社が督促状などを送るようにしています。

ちなみに、お金の借り入れを希望している人の審査は保証会社がおこないます。カード会社が行わないことが多くなっています。