2017年の最新版

カードローンではキャンペーンを有効活用する

カードローンでは、金融機関によっては、キャンペーンをやっていることがあります。「30日間無利息」というサービスは、大手の消費者金融などでよくやっています。銀行では「利息分キャッシュバック」というサービスをやっていることのほうが多いかもしれません。無利息期間のサービスでは金利がゼロになりますが、利息分キャッシュバックのサービスでは金利がゼロにならず、支払った利息が後から普通預金口座にキャッシュバックされるというものとなります。実質的にはどちらも同じ節約効果がありますが、お金を受け取れるのが後になるという点と、延滞をしてしまうとキャッシュバックがされないという点には注意をしておきましょう。

50周年記念などで、「最大3ヶ月間利息分キャッシュバック」といったキャンペーンがやっていることもあります。カードローンを借りる人は、一時的にお金を借りたいという人が多いので、キャンペーンをやっている金融機関で借りるようにすると、お得に借りられるでしょう。

カードローンでは、一度お金を完済しても、自動的に解約はされません。カードローンを解約しないと、信用情報にずっと記録が残り続けますので、利用が終わったら解約の申込みをするようにしておきましょう。

長く使い続けるカードローンを1枚選ぶときには、慎重にカードローンを選びましょう。「利息分キャッシュバック」といったキャンペーンは一時的なものであり、将来にわたってずっと恩恵が受けられるものではないからです。長く使い続けるなら、キャンペーンのような一時的な特典ではなく、将来にわたってずっとメリットを受け続けられるような商品を選ぶことが重要になります。

長く使い続けて、限度額を上げていき、限度額800万円、金利3.0%というようなカードローンになれば、あらゆる場面で役に立つでしょう。しかし、多くの人は、そこまでは考えていないでしょう。一時的にお金が必要になったというときに、手軽に借りられるのがカードローンのメリットなので、キャンペーンを有効活用することはおすすめができます。