2017年の最新版

カードローンに対する不安な点と対処方法

今までカードローンの利用経験がないと、興味を持っても不安で積極的に申し込みに踏み切れません。誰もが抱く感情ですから特に珍しいとはいえませんが、不安に感じる点をまとめてみて、申し込みのきっかけづくりをしてみるのが良いでしょう。

最も不安を感じるのが、お金を借りすぎてしまうことです。借りたお金は期日までに返済するのが義務ですので、返済が難しくなるほど借りてしまうことに恐怖を抱く人が多くなっています。

これに関しては何度でも借りやすいカードローンとあり、確かにリスクを持っています。しかし、多くのカードローンで月々の返済額を少なく抑える方法が用意されていますので、工夫すれば対処可能です。

多くのサービスでリボ払いが提供されています。利用残高に応じて次回の返済額が決まるといったものです。数千円程度の少ない返済も可能ですから、月々の返済がしにくい状態にはなりにくいでしょう。

しかし、リボ払いの返済額が少なすぎると回数が増えて利息の負担が増え、支払総額が多くなってしまいますから、臨時返済などを駆使して、余裕があるときに多めの返済をするのがおすすめです。

審査が行われますので、年収に対して多額の融資を行う業者はまずいません。借入限度額が設定されているおかげで、カードローンであってもそれ以上の借入ができないようになっており、借りすぎを防げます。

利息の高さも気になる部分です。利息が払いきれずに破産してしまう心配があるでしょうが、今は利息制限法に基づいた融資が義務ですから、異様に高い金利で利息の負担が増えることがなくなっています。高くても20%までです。これを超える融資は法律違反になり、業者の責任が問われます。

銀行のカードローンであれば高くても14%といった低金利のサービスが多くなっており、専業主婦でも借りられるものがよく見かけられます。利息の負担に対する不安をなくしたいなら、積極的に銀行のカードローンを狙っていきましょう。