2017年の最新版

カードローンを利用した借り換えについて

カードローン利用した借り換えは一般的に銀行カードローンで行われます。なぜかと言うと消費者金融のカードローンには総量規制があるためです。この総量規制は名前の通り「借金の借入額の上限」を定めるもので、具体的には総借入額を年収の1/3までにするというものです。

そして借り換えは一時的に「返済する借金」と「借り換えの為に融資を受けた借金の両方を抱える状態」になります。その後すぐに以前の借金を返済するので利用する面では実質的に問題ないのですが、この総量規制があるので消費者金融での利用は難しいのです。

しかし総量規制というのは「多重債務問題への対策・利用者にとって利益を保護する」為に設けられているので、利用者の特になる借換ができないのは問題がある、として総量規制においては借り換えの目的であれば例外として扱って良いという決まりを作っています。

その為、ほとんどの消費者金融では専用の目的別ローンである「おまとめローン」を提供することで利用者の借り換え需要に応えています。

銀行は法律の関係でこの総量規制がないので、カードローンを使っておまとめをするように指示するのが一般的です。おまとめローンとカードローンの違いとしては、おまとめローンは目的別ローンなので目的以外の用途に使うことはできず、申し込みの際に現在の借入状況の証明を行う必要があります。また追加融資などを受けることができません。

銀行のカードローンを利用した借り換えは「利用目的に制限がないローン」を使って借り換えを行うという形になります。ですからそういった追加融資や現在の借り入れ状況の証明などの手間はありません。

通常のカードローンと同じように申し込みことが出来ます。ただしカードローンを使った借り換えでは借りた分を自分でしっかりと返済に回すということをしないと借金が増えてしまいますので利用する場合はちゃんと計画的に利用するようにしましょう。