2017年の最新版

カードローン契約と信用情報について

最近注目を集めているカードローンと呼ばれる金融サービスは、銀行や消費者金融など様々な金融機関で契約することができます。それほど敷居が高くないという特徴がありますので多くの人が契約しやすいという点においても魅力的なサービスであるといえます。

しかしながら誰でも簡単に契約することができるかといえば、例外は存在しています。ほとんどすべての金融機関にカードローンの契約をする上で条件が付けられていますが、その条件の中に金融機関が指定する保証会社の保証を受けることができると言うことを条件としている場合がほとんどです。

この条件をクリアすることができれば、保証人を自分で探すなくてもお金を借りるための契約が成立する仕組みになっており、カードローンが契約しやすく便利な金融サービスである決め手となっているのです。

この保証会社の保証を受けることができる条件となるのは信用情報であると言われています。信用情報と言うのは金融サービスにおいて何かしらの事故を起こしていないかどうかということが記録されている情報であり、借りたお金を返さない場合などに信用情報に傷がつく場合があります。

要するにこれまでの借金の履歴の中に返済が滞った履歴があるかどうかという情報が蓄積されているのです。保証会社はそのような情報にアクセスすることができるため、契約をするのに相応しい履歴かどうかを確認することができるのです。

この情報のことを信用情報と言うのですが、これまでに金融サービスにおいて問題を起こしていないということがとても大切になります。このような情報は一度良くない情報が記録されるとかなり長い期間にわたって履歴が残ります。

金融サービスの利用において何かしらの問題を起こした履歴というのは、かなり長い期間尾を引くことになるのです。これは金融機関を変えたとしても変わることがありません。

そのため、金融サービスで何かしらの問題を引き起こしてしまうと新規の契約が非常に難しくなってしまうという問題に直面することになりますので注意が必要です。