2017年の最新版

カードローンの延滞をするとどうなるのか

手軽に使えるカードローンは、小額であれば10~30万円ぐらいの限度額なので、月々の返済もそれほど大きなものではありません。けれども、月々の様々な支払いや、急な出費があると返済が難しくなってくる事があるのは仕方のない事です。

一度ぐらいなら、たまたま忘れたのだろうと思ってすぐに相談をして返済をすればそれほど大きなことにはならないのですが、返済できない状態が続くと色々な影響が出てくるのです。

遅延してもすぐに支払いが出来ればいいのですが、連絡後に新たな返済日を設定したにもかかわらず、その時にも返済できなかったとなると、延滞という状況に陥ります。

これもすぐに解決できれば信用情報にも影響は出てこないのですが、やはり何度も繰り返すようになると契約違反ということにもなりますし、信用情報にも「延滞をした」という事実が記載されます。

信用情報という言葉もよく目にするようになったものの、それでも気にしていない人は気にしていません。けれども、きちんとした借入が出来て返済が出来ているなら、優良であると示してくれます。

しかし、その逆で借入ばかりしていて返済が立ち行かないという方の場合には、新たにローンの利用などの借入をしようと思ってもこの審査時に信用情報が参照されたときに「この人はお金を返してくれないかもしれない」ということで審査にも落ちやすくなってしまい、結局借入が出来ないということにもなるのです。

それ以外にも、延滞をしたことで当然ながら支払いの督促をされるようになりますし、損害遅延金の支払いなどもかかってくるので、当然のことながら良い事は何一つありません。必要な時に借入が出来るのは大きな強みですが、だからといって返済が出来ない状態なのに借入をしようとするのは意味がありません。

もしも返済日に遅れそうになった時には速やかにカード会社に連絡をして、どのような対処をすればいいのか相談をして早めに解決をしましょう。