2017年の最新版

カードローンの利用後は遅延損害金を払わないように注意する

毎月必要なカードローンの返済に必要なお金を用意できずに、そのまま放置してしまう方もありますが、返済期日を過ぎた場合は遅延損害金が発生するというペナルティが用意されているので注意するようにしましょう。

遅延損害金というのは、通常金利とは別に支払うもので、延滞のペナルティとして課されるお金のことですが、返済期日をきっちり守る人なら、本来は支払う必要がないものです。

遅延損害金はローン会社によって違いますが、大体14~20%内に設定している場合がほとんどです。返済が遅れた場合は、遅延損害金が課されるだけでなく、カードローンの追加融資を申し込みが出来なくなりますし、信用情報に延滞履歴が記録されるので、これが後々まで響くことがあります。

信用情報に延滞履歴が記録されると、これから新規でクレジットカードの申し込みを行ったり、各種ローンの新規貸付などの審査に通りにくくなります。

ローン会社は申し込んだ人の信用情報を調べてから、合格か不合格かを判断しますから、延滞履歴などがある人は、不合格になりやすいですし、信用情報の回復にはかなりの年月がかかります。

忘れることなく、毎月必ず返済していれば、遅延損害金が発生したり、延滞履歴に記録されることはないので、給料やボーナスが出たらすぐに返済にまわすようにしてください。

もし返済が遅れる場合は、ローン会社にそのことを連絡し、来月や再来月までには必ず払うという意思を伝えることが大切です。 そうしないと要注意人物としてマークされますし、裁判にまで発展することがあるので、返済を放置するのだけはやめるようにしましょう。

債権回収会社への債務移譲や、内容証明郵便による自宅への督促通知、借入残高と遅延損害金の合計額の一括請求などが行われるので、そこまで進むと大変なことになります。裁判になる前にローン会社に相談していれば、解決の糸口はありますから、返済が遅れそうなときは必ず連絡するようにしてください。