2017年の最新版

カードローン申請時における身分証明書の提示はどのようにして行うのか?

日常生活を送る上では思いがけないタイミングでまとまった出費の必要性が舞い込んでくるものです。仕事関連で飲み会や接待が相次ぐ場合もあるでしょうし、急に入ってきた出張の旅費を自分で立て替えなければならないケースもあります。

さらにご家族がいらっしゃる方ならばお子さんの教育費や習い事の費用、家族揃って出かける旅行やレジャー、外食の費用などもある程度余裕を持って保持しておかねばなりません。

もしもこう言った費用の捻出が困難である場合には、銀行や消費者金融で簡単に申請手続きを行い、希望額をスピーディーに借り入れると良いでしょう。

保証人や担保などの確認が必要な借入サービスは確認作業に日数を要することになりますが、これがカードローンであればその申請も審査も筆に簡単でスピーディーです。大手のブランドであれば最短30分で審査完了というものもあるほどです。

このカードローンは一枚の個人カードを発行して持ち歩くだけで、お金に困った時にはすぐに近場のATMに駆けつけて簡単な画面操作を行うだけで希望額を引き出すことができます。特に提携コンビニなどに設置してある店内ATMを使うと24時間いつでも便利に借入できますので、緊急性の高い時などに大助かりです。

この申請においてはネットや電話、店舗窓口、自動契約機などを使って必要事項や書類をやり取りしなければなりません。まずは申請フォームに氏名、生年月日、住所、職業、勤務先、年収、希望借入額などを記載しますが、それと同時に身分証明書の提示も必要となります。

これには運転免許証やパスポート、写真付きのマイナンバーカード、保険証、住民票などが必要となりますが、ファックスやコピーの郵送などで先方に送付する方法もできますが、最近ではスマートフォンの写真機能を使ってこれらを撮影し、画像データを送信したりアップロードするという方法も多用されています。

また自動契約機からの申請であれば室内のスキャナーやカメラなどを使って電子化して送信することができます。こうやって身分をしっかりと証明することでスムーズに借入手続きを行うことが可能となるでしょう。