2017年の最新版

カードローンの利用で注意すべき「提携会社」

カードローンは1つの金融機関からさまざまなタイプのものが出ている物もありますし、大きな企業ではグループ内で複数の会社がローンの提供をしている場合もあります。カードローンやクレジットカードに関する情報は信用情報機関に記録されることになりますが、それとは別にグループ内の会社や提携会社で情報を共有することもあります。

信用情報は一定期間経てば情報は削除されますが、社内のデータが消えるかどうかはその会社によってことなります。また、カードローンの審査には「保証会社」が必要です。ローン商品にはさまざまなものがありますが、保証業務を行っている会社は複数の会社のものを請け負っていることがあり、知らず知らずに同じ保証会社のローンに申し込みをしていた、というケースも少なくありません。

特に保証業務を得意とするのが消費者金融です。銀行系のローンでも消費者金融が審査に入ることによって、短期間で借り入れまでできるようになっているものもあります。銀行はもともと企業向け融資は得意分野ですが、個人向け無担保ローンのノウハウは消費者金融にかなわないとわかっているため、保証業務をグループ内の消費者金融に任せることが多いのです。

そうすると当然、銀行からさまざまな情報を共有することにもなります。通常利用している場合は提携会社に情報が渡ったところで問題になることはありません。

しかし滞納を繰り返していたり、債務整理などの金融事故を起こした場合、その情報が次の契約で不利に働いてしまうこともあるのです。そうした情報を残さないためにも、カードの使い方、支払い方には十分気を付け、信用を失わないような取引を続けていかなくてはなりません。

特に審査の厳しい住宅ローンやマイカーローンのような高額な借り入れをする場合は、こうした情報の有無で融資可能かどうか、金利の高さまで変わってくることがあります。不利なデータがあると金利は高くなってしまいますので、負担も大きくなるでしょう。