2017年の最新版

カードローンの解約は出来るのか

手軽なカードローンも、使えれば便利ですがやはり借入をしている事になりますので、場合によっては解約をしてすっきりしておきたいと考える方も少なくありません。カード会社のホームページなどを見ていても、申し込みの仕方は詳細に書いてあるのですが、いざ退会をしようと思った時にはその手続きのやり方を見つけるのは至難の業です。

カードローンは必要な時に使うというのが一番ですから、使わなくなった時には退会しておくのは良い事です。もしも解約したいと思った時には、まず借入金額がない状態にしておかないといけません。まだ返済が続いている時には原則契約の解除をする事はできません。一括返済でもいいので綺麗にしておくことが大切です。

ここで注意しておきたいのが、「完済したから自動的に解約されているだろう」と思い込む事です。契約は実は自動更新になっているため、完済をしても申し出がない限りはずっと契約が続いている状態です。最近はカード会社の方から完済ができたらどうするのかと聞いてくれる場合もあるのですが、何もなければまだカードローンは使える状態になっているのです。

完済した時点で、自分から契約の解除をしたいと申し入れを行いましょう。大抵はどのカード会社でもコールセンターに連絡してから必要な契約解除の手続きを進めていくことになります。

郵送などで書面のやり取りをしていく事が多いので、時には印鑑や身分証明書なども必要になりますので、申し入れをする時にはメモも用意して、何をすればいいのか間違いのないようにしておく事が大切です。手続きが全て完了すれば、手持ちのカードにはハサミを入れるなどして解約するように案内もされますので、もう使えなくなります。

解約する事で、信用情報の記載も変わりますので、これから大きなローン商品を使いたいという時には必要に応じて解約をしておく事で、審査への影響を減らす事が出来るようになりますから、早めに計画をして利用しましょう。