2017年の最新版

カードローンは年金収入だけでも利用できるのか

いざという時に借り入れもしやすいカードローンを一枚ぐらいは、限度額が少なくてもいいので持っておきたいと考えている人もいるのではないでしょうか。どこのカード会社を見ていても、年齢条件以外に安定した収入があることだと記載があるので、年代によっては年金をもらっているのも安定収入ではないだろうかと考える方もいるでしょう。

年金収入のみの方がカードローンを利用できるかどうかは、どこのカード会社を使うのかによっても条件が異なってきます。安定した収入として認めてくれるかどうかは、カード会社側の裁量で違うのだと思っておくと分かりやすいでしょう。

また、年金の受給をしているということは、ある程度年齢が高くなってきているということでもありますので、65~70歳という条件の部分で引っかかってしまう事があるので、その条件に合致しない時も申し込みをしても審査に落ちてしまうと思っておきましょう。

どうしても借入をしたいという時には条件をよく読みこむことです。この年代になると、やはり年齢がネックになってくる事と、年金の取り扱いがどうなっているかということです。

もしもそれ以外にもパートやアルバイトをしているので他にも収入があるなら、安定してお金が入ってくる状態だと認めてもらえて、カードローンの申し込みが出来る可能性も高くなります。

お金を借りる手段として定番になりつつあるカードローンは、条件もそれほど厳しすぎるということはありません。けれども、年齢が若すぎる場合や高齢になってくると、働き盛りの時とは条件が異なってくるため、いざ申し込みをしたくなったという時には年金受給などで収入面から、申し込みがしにくくなる場合も出てきます。

年齢の事もありますので、もしも使えるようにしておきたいと思うのなら、早めに申し込みだけをしておいて使える状態にしておくというのも手です。自分のお金の状況に合わせて、上手く申し込みをしておきましょう。