2017年の最新版

カードローンを相続したらどうなるの?

カードローンを利用していた人が死亡して、子供などが相続をしたらどうなるのでしょうか。基本的に、相続では死亡した人の権利・義務が包括承継されますので、カードローンの契約も引き継がれると考えられます。カードローンを契約はしていたが、借入残高が残っていなかった場合には特に問題とならないでしょう。

カード会社に連絡をして解約をしてもらえばOKです。カードローンは基本的には本人しか利用ができず、本人が死亡したら契約が解除されるということがカード会社の規約に書かれているケースが多いと思われます。

問題となるのは、カードローンの借入残高がある場合です。例えば、100万円の借金があって、リボ払いで返済をしていたとします。この場合、100万円の借金が引き継がれることは疑問がありません。遅延損害金がある場合には、それも引き継がれます。

ここで、100万円を一括請求されてしまうのか、分割で支払いをしていけばよいのか、疑問に思うでしょう。基本的には、相続では権利・義務が包括承継されますので、分割払いの権利についても一緒に相続をします。

相続財産が、1000万円の土地、500万円の貯金、100万円のカードローン残高というように、プラスの財産のほうが多いのであれば、貯金から借金を返済してしまえば良いので、大きな問題とはなりません。1000万円の土地と500万円の借金がある場合には、土地を売る必要があるかもしれないので、やっかいですが、土地を担保にしてもっと金利の低いところでお金を借りるなど、解決方法はあります。

マイナスの財産のほうが大きい場合には、相続放棄をするのが良いでしょう。あるいは、1000万円の土地、1500万円の借金があって、土地を手放したくないケースなどでは、限定承認をするという方法もあります。限定承認をすれば、1000万円の土地と1000万円の借金を引き継ぐことになります。相続放棄や限定承認は3ヶ月以内に行わなければならないことに注意が必要です。