2017年の最新版

未成年でもカードローンは可能?

必要な時にスムーズにお金を借りることができる、便利なカードローンですが、カードを作るためには審査を通らなければなりません。仮に未成年の人が、カードローンの審査に申し込んだ場合、審査を合格することは可能なのでしょうか。

一般的な審査では、就職先やこれまでの個人信用情報などが確認され、一定収入があり個人信用情報にも問題がなければ、カードの発行が可能になるといわれています。では未成年であっても、すでに就職をしており、毎月一定の収入を得ているのであれば、カードを作れるのでしょうか。

実際の所、カードローンは借り入れ条件において「20歳以上」という規定があり、このため未成年は収入があっても、カードを作ることができません。なぜ就職していて収入があるのに、年齢が20歳以下だというだけで、審査に落ちてしまうのでしょうか。

その理由は民法のある規定に関係しており、じつは未成年が交わした契約というのは、取り消すことが可能だ、とされているのです。民法にこの規定がある限り、カード会社にとって未成年との契約は、大きなリスクをはらんでいるといえるでしょう。

カード会社にとっては、貸したお金とその利息をしっかり回収できるかどうかが重要であり、万が一契約を取り消されてしまえば、大きな損害をこうむることになります。このため、未成年はどんなに収入があったとしても、カードローンでお金を借りることができないのが実情です。

しかし、民法で未成年と定められているのは、結婚をしていない20歳以下ですので、既婚者の場合は事情が異なってきます。民法上では結婚をすることによって、20歳未満の人でも成人として扱われるようになるため、契約の取り消しが不可能となります。

既婚者である未成年の場合は、カード会社によって異なるものの、審査に通ることも不可能ではない、といえるでしょう。しかし実際には、ほとんどのカード会社が、未婚既婚を問わず、20歳以下の利用は不可と定めています。